Cube Voyage

ルービックキューブの速いそろえ方、解き方、最速攻略法、解法、スピードキューブ、LBL法など

ステップ3 下段のコーナーをそろえる

ステップ3では、下段のコーナー4つをそろえます。

これにより、下2段がすべて完成することになります。

そろえ方

まずはステップ2と同様、下段に入るべきコーナーを探し、見つけたらそれに対応する「場所」を確認します。
そして、「場所」が正面下に来るように持ち替えましょう。

そして、上の段を回して、次のいずれかの状態になるようにしてください。

言い換えると、コーナーの白色が紫色のどこかに来るようにしてください、ということです。

(水色は、コーナーが入るべき場所を表しています)

3つのパターンに応じて、異なる手順を使い分けます。

①のパターン

左上から順番に、7手の手順を回していってください。
「180度」と書かれた部分は180度回してください。
また、途中の四角で囲った部分は「基本手順右」と全く同じ回し方なので、それを意識すれば簡単に素早く回せるはずです。

③のパターン

こちらも順番に回していってください。
ちょうど①の鏡写しになっており、注意すべきポイントもまったく同じです。

③のパターン

この手順だけちょっと特殊です。4手の手順を3回繰り返してください。

回し方

①と②については、基本手順右(左)の部分は全く変わりません。
4手目の180度回すところは、人差し指で2回はじいてもよいですが、人差し指と中指で1回ずつはじくというテクニックを使うと、かっこよくそろえられます。

このテクニックは「ダブルトリガー」と呼ばれています。ぜひ身につけましょう。

③は同じ手順を繰り返すだけなので、非常に簡単です。

この4手の動きは「セクシームーブ」と呼ばれています。
(なんだその名前……って感じですが、海外でも本当にこの名前で呼ばれてます)
似たような動きは後で何度も登場するので、こちらも身につけておきましょう。

小ネタ

・パターン③は4手×3回=12手の手順ですが、最後の1手だけは省略しても問題ありません。
最後の1手は特に意味のない動きだからです。

・手順を回すのに慣れてきたら、手順を回しているあいだに次のパーツを探してみましょう。
「先読み」というテクニックで、ある程度タイムが縮んでくるととても重要になってきます。早めに身につけておいて損はありません。

ステップ4にすすむ
ステップ3に戻る
初級編 トップに戻る