Cube Voyage

ルービックキューブの速いそろえ方、解き方、最速攻略法、解法、スピードキューブ、LBL法など

ステップ2 中段のエッジをそろえる

ステップ2では、中段の4つのエッジをそろえます。

ここも先ほどと同様に、パーツ単位で考えていくようにしましょう。

そろえ方

まずは、「中段に入れるべきエッジパーツ」を上段から探します。
探し方ですが、上段のエッジには必ず黄色が入っているので、黄色の入っていないエッジを探しましょう。

この場合だと、右の「青とオレンジのエッジ」が中段のエッジです。
(中段のエッジパーツが上段にない場合もあります。その場合は後で説明します)

中段のエッジを見つけたら、それを入れるべき場所を探します。
今回は青とオレンジのエッジなので、この場所です。

この「場所」が、真正面にくるように持ち替えましょう。

そして、上段を回してエッジをこのような位置に持ってきます。

言葉で説明すると、「入れる場所の上2か所のうち、側面の色が合わない方」となります。

「入れる場所の上」というのはこのように2か所考えられます。

そして、実際にパーツを持ってきたときには、側面の色が合う方と合わない方があります。

このうち、画像の左のような「側面の色が合わない方」が正しい位置です。ここに持ってきます。

また、ケースとしては、左上に持ってくるパターンと、右上に持ってくるパターンの2つがあります。

それぞれで手順が異なりますので、それぞれのパターンに合った手順を回してください。

①エッジが左上にある場合

②エッジが右上にある場合

手順はたった3手で、非常にシンプルです。少し考えれば理屈もわかるのではないでしょうか。
また、これらの2つは鏡写しになっているだけなので、本質的にはどちらも同じ手順です。
これらを覚えるのは、たいして苦労しないはずです。

回し方

速くそろえるためには、速く回す方法を身につけることが大事です。
そして、このステップ2の回し方はステップ3でも使用するうえに、スピードキューブの基本となるとても大事な回し方になっています。
ですので、ここでしっかり身につけておきましょう。

まず、キューブをこのように持ちます。

ポイントは、親指、中指、薬指の3本でしっかりとキューブを持つことです。小指も下の面に軽く添えておきましょう。
人差し指は持つのには使いません。

そして、動画のように回してみましょう。
①エッジが左上にある場合

②エッジが右上にある場合

ポイントは、2手目の上を回すときに、1手目とは逆の手の人差し指を使って、はじくように回すことです。
ただし、このときに他の指がキューブから離れないよう注意してください。人差し指以外はキューブをしっかり持った状態で、人差し指の動きだけで回すようにしましょう。
このはじく動きは「トリガー」と呼ばれており、上段を回すときのもっとも基本的な回し方となります。

ステップ2で使用した3手の手順は今後も使っていくので、名前をつけておきます。
①の場合の、右手を動かしてそろえる手順を「基本手順右」、②の場合の左手を動かしてそろえる手順を「基本手順左」と呼ぶことにします。


回し方だけでなく、指の使い方もしっかり覚えておいてください。

エッジが上段にない場合

エッジが上段に一つもないという場合は、中段のまちがった場所に入っている、あるいは場所は合っているけど向きがまちがっているというケースが考えられます。

こういった場合は、関係ない上段エッジをわざと入れて、もともと入っていたエッジを上段に追い出すことで、解決できます。

小ネタ

・「トリガー」という言葉は、拳銃の引き金(トリガー)を引くような動きであることから、その名前がついています。

・基本手順の2手目を反対方向に回したり、180度回すようにすることで、上段の違う位置にあるパーツをそろえることができるようになります。
場所を合わせる手間がちょっとだけ省けます。

・基本手順を前後鏡写しにして回すことで、前ではなく後ろの中段をそろえることもできます。
持ち替える手間が省けます。

ステップ3 に進む
ステップ1 に戻る
初級編 トップに戻る