Cube Voyage

ルービックキューブの速いそろえ方、解き方、最速攻略法、解法、スピードキューブ、LBL法など

OHの指使い

OHはただ単に3×3を片手で回す競技なので、指の使い方さえわかればタイムが速くなります。

まず、OHはきき手とは反対の手で回すと回しやすいです。
なぜなら、きき手が右手の人は両手競技でRU系を多用しますが、片手で回す際は左手を使うと、人差し指でU系、小指または薬指でR系を回しやすい形になるからです。
同様に、きき手が左手の人は両手競技ではLU系を多用しますが、右手を使うとそれらが回しやすくなるのです。
これ以降、右利きの人を対象に左手でのキューブの回し方を説明していくので、左利きの方はその都度右手に変換しながら学んでいって下さい。

キューブの持ち方(ホールド)

まずはキューブの持ち方(ホールド)を説明します。
親指をF面センターのDLFコーナー寄りの場所に、中指と薬指をB面センターのDBLコーナー寄りの場所に当ててホールドします。
この時、R面とU面は頻繁に回すので、その2面を回す時に引っかからないように注意します。

この4ステッカーの真ん中らへんを持つことを意識すると良いです。

よく使われる指づかい

ここに、よく使われる指づかいをいくつか紹介します。

以下の指使いをまとめた動画

U’ 両手の時とほぼ同じような指使いです。
人差し指でULBコーナーをこちら側に持ってくるように回します。
U(弾くバージョン) Uには回し方が2つあります。
1つはこの弾く方法です。
これは、人差し指でUFLコーナーを向こう側へ弾くように回します。
何回もやっていると人差し指の裏が痛くなってくるかもしれません。
U(プッシュバージョン) Uのもう一つの回し方はこのプッシュするバージョンです。
これは、人差し指でULBコーナーを向こう側へ押すように回します。
こちらの回し方は指が痛くなりませんが、次に繋げにくくなるのが難点です。
R これは、小指または薬指でDRBコーナーをこちら側に引っ張るように回します。
これを回す時に、小指を使う人と薬指を使う人がいますが、どちらでやっても構いません。
R’ これは、小指または薬指でDFRコーナーを向こう側へ押すように回します。
これを回す時に、小指を使う人と薬指を使う人がいますが、どちらでやっても構いません。
Rよりも労力がいる気がします。
R'(UBRコーナーバージョン、あまり使われない) これは、人差し指でUBRコーナーをこちら側に引っ張るように回します。
Uのプッシュバージョンと組み合わせて「UR’」と回すと、流れるように回すことができます。
ただ次につなげにくいため、それ以外にはあまり使われません。
R2(ダブルトリガー) これは、小指→薬指の順番でDRBコーナーをこちら側に引っ張るように回します。
Rを2回回すより速く回すことができます。

U系、R系以外の面は、持ち替えをしてU面、R面に持ってくると回しやすくなります。