Cube Voyage

ルービックキューブの速いそろえ方、解き方、最速攻略法、解法、スピードキューブ、LBL法など

ステップ2+ 完全一面を素早く作る

初級編のステップ2では、クロスを作った後に完全一面を揃える方法を覚えました。

ここでは、その完全一面をもっと素早く作るための方法を紹介します。

①クロスをD面に向ける

初級編では、クロスをU面に向けてコーナーを揃え、完全一面を揃えた後に裏返していた人もいるかもしれません。
しかしこれだと揃えたいコーナーのパーツが見えづらいですし、何よりDを沢山使うので回すのが大変です。
これらの問題は、クロス完成時点でひっくり返すことで解決します。

クロスができた時点でキューブをひっくり返し以降のソルブを行っていくと、素早く揃えることができます。
最初は慣れないかもしれませんが、やっているうちにすぐ出来るようになります。

②コーナーの揃え方

クロスをD面に置いた場合の、コーナーの揃え方の一例です。
右下に入れる場所がある時のパターンです。

2+-1 U R U’ R’
2+-2 R U R’
2+-3 R U2 R’ U’ R U R’
2+-4 R U’ R’ U R U’ R’
2+-5 R U R’ U’ R U R’

③左や後ろのコーナーを揃える

②で挙げたのは、手前にあるコーナーを入れるための手順でした。
しかしこれを応用すれば、左や後ろのコーナーを揃えることができるようになります。
具体的に見てみましょう。

これは2+-1をちょうど左右に鏡写しにした状態ですね。
これを揃えるときは、手順も左右に鏡写しにすればよいのです。U’ L’ U Lでできます。

またこれは2+-1を前後に鏡写しにした状態です。
これについても、手順を前後に鏡写しにすればできます。U’ R’ U Rでできますね。

ここに挙げたのはあくまで一部です。残りは自分で考えてみてください。

正面以外の部分を揃えることが出来ると、時間のかかる持ち替えを減らすことができタイムを縮めることにつながります。
現時点では持ち替えが減ってもそんなにタイムは変わらないのではないかと思いますが、この先になってくると持ち替えを減らすことが最重要課題になってきます。今のうちから練習しておくとよいでしょう。

また、このへんは覚えるというよりも感覚に近い部分です。少しずつ慣れていくとよいでしょう。

このページの最上部に戻る
ステップ7+へ進む